タイトル未定

とくにないです

ロンドン旅行(2) 大英博物館などを巡る。

 

前回

 

ロンドンのマクドナルドで、謎に8時間くらい立った。

 

 

 

今回

 

ということでロンドン編(2)です。

前回とは打って変わって、これ以降はちゃんとロンドン観光してます。笑

 

 

マクドナルドから大英博物館までの道中は、時間帯的にもそこまで人通りが多くなくてすごい静かなところだなぁ、という印象でした。

各地に点在する大手のフリーWi-Fiになぜか接続できない中、唯一スターバックスWi-Fiはどの店舗のものでも利用できたので、ロンドン滞在中は各地のスターバックスWi-Fi乞食することになりました。

ロンドン市内には店舗数が多いのも、よいですね。お世話になりました。

自分はヘーゼルナッツシロップを追加して飲むラテが好きです。

 

 

f:id:asgrsah:20170828010207j:plain

▲キンクロ駅をちょい向こう側から撮ったところ。ディズニーシーかな?

 

 

どこを撮っても様になるというのは、なんとすばらしいことか。

たぶん古い建物をそのまま補修とかしながら使っているのでしょう。

街並みに統一感があってステキ。

日本では、いまのライフスタイルとか環境(地震とか)、コストの面もあるし、「京都とかにありそうな」家がズラ~~って並んでるのはあんまり現実的ではないですね。

自分はその雑多な感じがけっこう好きだったりするんですけど。 

 

 

 

てなわけで到着。

あ、なんか大英博物館前にもスターバックスがあるのか。ラッキー!

Wi-Fi使えるじゃん!ということで入店。

しかも、LINEでちょうど藪内もロンドン市内に到着したかしないくらいだったということが判明。

待ち合わせもこのスタバにしたし、ここでゆっくりしよう~と思ってたら、トイレが工事中とのこと。

コーヒーを一夜で(無駄に)大量摂取していた自分にとって、この事実はかなり重くのしかかります。主に膀胱に。

大英博物館前だし、公衆トイレ化が問題になってたのかなぁ、なんて想像したり。

 

 

仕方ないので、一旦トイレを求めて彷徨うことにしました。

向かったのは、やはり天下のマクドナルドさんです。

お世話になります。

ベーコンレタスバーガーの安定感が好きです。

しかもインドでは30円ほどでソフトクリームが食べられるので、神ですね。

(なお、フランチャイズ契約の関係でインドでは全店?閉店すると思ったら、普通に復活した。いったいなんだったんだ・・・)

 

 

何も買わないのにトイレだけ使うのもなぁと思ったので、またコーヒーを注文。

なあ、山口よ。お前利尿作用って言葉知ってる?

 

 

往復30分ほどで例のスタバに戻ると、さすがに眠気に襲われたので、仮眠。

こういう時に単語帳を眺めると5秒くらいで眠れます。

これがオーガニック睡眠薬か・・・*1

 

 

 

ここで藪内先生のご到着。

ロンドンでもお世話になります!!

 

 

現地に留学してる人が案内してくれると、いろんな情報の面で安心できるから良いですね。

ライブ感のある情報というか。

ガイドブックとは別の信頼感がありますよね。

 

ちなみにデリーに来て頂けるとですね。うーん。なんだろ。笑

最近はUBERのような個人タクシーが最近発達しているので、移動が楽になると思います。笑

 

 

 

てなわけで、大英博物館に向かいます。

 

 

f:id:asgrsah:20170828010052j:plain

▲お ま た せ

 

自分は大英博物館は幼稚園くらいのときに一度行ったことがあったのですが、その時の記憶はほとんどなく。

唯一覚えているのは、両親にお土産として買ってもらったヒエログリフ柄のノートを大層気に入って使っていたということだけです。 

 

大英博物館といえば、世界で最も有名な博物館の一つであり、数々の歴史的に価値のある盗品展示物を観ることができます。

自分が興味あるのは、もちろんエジプト関連の展示。

 

このときの自分は

『やったー!ついにツタンカーメンの黄金マスクちゃんを拝めるぞ!!』

と意気込んでいたのですが

 

いまこの記事を書いていて調べてわかったことなのですが

 

現在ではツタンカーメンの黄金マスクは大英博物館にはなく、エジプトの強い要請により10数年前に同国に返却され、カイロのエジプト博物館に展示されています*2

 

なんか、ワロタ。

それを知らずに藪内先生とは

 

藪『いまツタンカーメンさ、巡業しとんちゃん。森美術館とか。』

ワシ『えっ、なんでこのタイミング?ハァ~~~(クソデカため息)。ほんま森美術館クソやな。』(←完全に八つ当たり)

 

みたいな会話をしてました。

なんか、『ロンドンの中心で無知を曝す』状態だぁ・・・

 

 

テンションが下がった自分は、エジプトの展示以外は「へぇ」くらいの感じで眺めて、デリーでの同居人2人へのお土産を買い、博物館を後にしたのだった。

 

f:id:asgrsah:20170828011243j:plain

▲(ちょっとテンション上がってる)

 

 

大英博物館って広大すぎて真面目に全部見ようとするとすっごい時間かかるみたいだし、それにこのテの場所ではパーッと流し目で作品を見て、あとで気になったところだけじっくり鑑賞すると疲れないと思うんですよね。(雑ともいう)

 

それにしても、この博物館は入場無料なんですけど、維持にかかる費用が寄付だけで成り立ってるのは地味にすごい話ですよね。 

 

 

その後は市内散策。

 

アジア研究で有名なSOAS、こんな市内の中心にあったとは!笑

なんの記念かわかんないけど写真も撮った。 

 

 

街を歩いて思うのが、公園が市内にほどよく配置されているなァっていうこと。

お昼時だったし、ピクニックみたいなことをしてる人たちもたくさんいましたよ。

そりゃそうだよね、めっちゃ天気いいし。

 

 

お昼ごはんはピザ大好き藪内先生が調べてくれた店。

 

ビール飲んでpepperoniのピザを頂く。

幸せだなー。このギルティな組み合わせ。 

 

 

f:id:asgrsah:20170828011946j:plain

▲昼間から飲むビールは、うまい。

 

 

久しぶりにピザなどというハイソ(ハイソサエティ)な食べ物を摂取して大満足したところで、ビッグベン(1回目)に向かいます。

 

 

f:id:asgrsah:20170828012103j:plain

▲ビッグベンと赤い2階建てバス。あれ?手前のサングラスの男・・・モト冬樹かな?(違う)

 

そのあとはドミトリーにチェックインして、モヒカンと合流しに向かいます。 

 

 

f:id:asgrsah:20170828012343j:plain

▲あ、いらっしゃる・・・笑

 

このあとは翌日のために長袖のシャツを一着購入したり、散歩したり。

カフェで茶ぁしばいたり。

 

それにしても、日本で頻繁に会っていた友達たちとこうしてロンドンの地で再会するというのは、なんともいえない感慨深さがありますな。

 

そのあとはモヒカン氏が通いつめていたという『サービスは悪いけど味は良い(?)』謎のおすすめの謎中華を食べに行きました。 

 

 

f:id:asgrsah:20170828012725j:plain

▲牛骨砕麺!!みたいな感じの名前の麺 。あ、でもこれ鶏肉かも(適当)

 

 

f:id:asgrsah:20170828012826j:plain

▲お店の前景。(見切れました)

 

 

そして夕方からは、楽しみにしていたアラジンのミュージカル!

ロンドンの劇団四季的なところらしいですよ。

 

 

f:id:asgrsah:20170828012952j:plain

▲ジャファーをイメージ(こなれてない感がエグい)

 

 

場内にはたくさんの遠足?の小学生たちが。

絶対楽しいよねー。

 

 

ここで昨晩の徹夜を後悔。。笑

上演中、すこし意識飛んじゃいました。笑

 

でもでも!大好きな ”A WHOLE NEW WORLD” を生で観られたのは本当に良かった。。

映画のやつとアレンジが違ってミュージカル仕様という感じ。

 

いろいろ感想はありますが、

とにかく、演出や舞台装置がすごすぎる。

ジーニー役の人貫禄ありすぎ。

歌が楽しい。

あと、英語のジョークの「おもしろポイント」が自分の英語力ではうまいことわからなかったので、日本で劇団四季のほうも観たくなりました。

 

 

『わからない』といえば、『インドがわからない』

www.youtube.com

という、うんこサラダ時貞氏の動画、ほんと好き。

 

 

いやー、 ほんとディズニーの曲は思わず歌いたくなるのが多いですね。

自分はカラオケに行った際、藪内がいない場合は一人でデュエットしてます。(?)はぁー、カラオケ行きた。

 

 

大満足のミュージカルのあと、モヒカン氏と合流してパブへ。

 f:id:asgrsah:20170828013501j:plain

 ▲すごいムーディだな・・・

 

なんか、ハァー。前日と違ってなんかもうすごいロンドンしちゃったわ。(?)

 

 次の日のことをウキウキ考えつつ、ドミトリーに帰って就寝。

おやすみなさい。

 

 

 

そういえば自分がロンドン行ったあたりのときにテロがあったみたいで、街には警官がたくさん居た気がします。

デリーが思っていた以上に今のところテロとかそういう点では安全(とは言い切れないけど) だったので、なんだかそういうことと自分は無関係じゃないんだなー

なんて再認識させされられました。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

次回に続く。

 

 

 

 

 

 

*1:違います

*2:

旅景広々 イギリス旅行 ロンドン 大英博物館、2017年8月27日閲覧