タイトル未定

とくにないです

ロンドン旅行(3) ハイソサエティ

 

ロンドン旅行も折り返し。

この日は、ロンドンでやってみたかったことの一つ

 

『本場のアフタヌーンティー』

 

というのを体験しにいきました。

 

 

その前に、ドミトリーの近くのコーヒースタンドでコーヒーを頂きました。

藪内先生のリサーチ力、しゅごい・・・

 

 

f:id:asgrsah:20171011181350j:plain

▲店内の様子。

 

次の日もコーヒー屋さん巡りしたのでその時も感じたんですけど、ほんとそこらじゅうにあるんですよね。カフェ。

日常とコーヒーがセットになっているというか。

 

予約の時間になったくらいでお店に向かいます。

 

 

f:id:asgrsah:20171011181524j:plain

▲なんか知らない間に撮ってた噴水みたいなやつ。

 

今回向かったのは、老舗のFORTNUM & MASONさん。

 

 

f:id:asgrsah:20171011181637j:plain

▲店舗の入口。

 

f:id:asgrsah:20171011181801j:plain

▲店内の様子。

 

え、えぇ~~、なんだこのスーパーハイソ空間・・・

場違い感半端ないじゃないですか!やだー!

もうちょっとちゃんとした服着てくればよかった。

もはや履きつぶしたと言っていいGUクッタクタのデニムに、デリーの土と強烈な日光でもはや変色しているのが隠しきれないスニーカー、そのへんで買ったTシャツを着ている人間なんてこの空間に私以外存在しません。

 

とりあえず、なんかよくわかんないけど、一番スタンダードなセットを選択。お茶は、個人的にインドに来てから大好きになったダージリンを選びました。

 

先に来ていたお客さんが食べていたブツを見て期待が高まります。

ンヒーッ、大変なところに来てしまったぞ・・・

 

 

 

ウエイターさんのサービスがえげつなくて、もはや申し訳無さを感じていたら、

なんかこう・・・

いらっしゃった。

 

 

f:id:asgrsah:20171011182347j:plain

▲なんかこう・・・『すいません!私なんかが来てしまって!』って感じだ(?)

 

FORTNUM &MASONさんのお店の雰囲気による補正で、このツインタワーはさながらバベルの塔の様相を呈している・・・

 

 

香川の浜育ちなのでお作法とかよく知らんのですけど、

下から食べるんだよね?

 

サンドイッチ、軽くておいしいなー

いくらでも食べられちゃうなー

いや、ほんとおいしいサンドイッチなんて文明の叡智を頂くのは、いつぶりなのだろう。。

 

なんて考えてしまうのは、もはやFORTNUM & MASONさんの罠。

 

 

続いてスコーンを頂く。

個人的にこれが最大のヒット。

何も付けなくてもおいしいですが、横の塔(?)に置いてあるバタークリーム、ジャム二種を組み合わせて食べるとよりサイコー!

 

スコーンといえばサクサク系、しっとり系、とかいろんなジャンルがあると思いますが

今回頂いたのはどちらかというとホロホロ寄りのしっとり系?みたいな。

 

 

あーこれいくらでも食べられちゃうわー

もう一皿頂いちゃおうかなー

 

・・・。(スゥ)(←わりとお腹いっぱいになっているときの呼吸音)

 

そして最後のケーキゾーン! 

 

『・・・。腹いっぱいすぎワロタ・・・(わあ、とっても美味しい^^)』

 

 

f:id:asgrsah:20171011184209j:plain

▲ステキすぎる店内BGM

 

 ほんと紅茶もお菓子もサンドイッチも何もかも美味しかったです。

さすがは老舗の名店。幸せってこういうことですね。

スコーンと紅茶の組み合わせは、文明の叡智が生み出した賜物でしょう。(?)

そしてこのアフタヌーンティーの一回分の料金があればデリーで2ヶ月住める気がしたが、そんなことはなかったぜ。 (目をそらしながら)

 

 

 

その後はロンドン市内をお散歩・・・

とっても天気が良くて、食後の運動にちょうどいい!

 

 

f:id:asgrsah:20171011185134j:plain

▲ウワー、ヨーロッパっぽい・・・(頭悪い感想)

 

 

f:id:asgrsah:20171011185537j:plain

▲公園近くの写真 

 

f:id:asgrsah:20171011190129j:plain

▲とてもイギリスっぽい写真(photo by 藪内)

 

どうでもいいんですけど、インドに来て『自分変わったなぁ』ということの一つに、『自分の写真を撮るのに抵抗がなくなった』ことが挙げられます。

以前ならこんな写真ブログにアップロードするなんて考えられなかったです。

上手く表現できないのですが、インド人と一緒にいると、『アッ自分にちょっとは自信持っていいんだ・・・』みたいな、そういう気持ちになるんですね。

これだけじゃなくて、彼らからは学ばされることが本当に多い。

後ほど総括みたいなのを書くので、その時にうまく文字にできたらいいなあ・・・

 

 

話を戻して。

 

散歩もほどほどに、夜は当時イギリスに旅行なり留学なりで集まっていたウチの大学の同期4人+藪内という謎のメンバーでごはんを食べることに。

移動はもっぱら地下鉄。どこにでも行けて便利!

 

オダリサコがまず列車で現れるとのことだったので、駅で待ち構えます。

何回でも書きますけど、日本以外のところで同期に会うとほんと不思議な感覚に陥りますね。笑

 

そしてこの謎すぎる状況でも全く問題なく、むしろウェルカム!くらいのテイで対応する藪内先生のコミュ力、感服の至りであります。笑

 

後ほどモヒカンとはるなちゃんが合流。

このとき、念願のフィッシュ・アンド・チップスを食べました!

 

f:id:asgrsah:20171011193747j:plain

▲これが本場のフィッシュ・アンド・チップスだ!

 

失礼な話ですけど、いろんなところで

『イギリスの飯は不味い』

のような話を聞いていたんですが

 

実際食べてみると、美味しいとか美味しくないとかそういう問題ではなくて、

なんというか、こう・・・『魚の食感がする衣』を頂いている感じがするんですね。笑

不味いとは言わんけど、日常的に食べたいとはきっと思わないだろうな。笑 

 

 

あ、言うまでもなくビールはとても美味しゅうございました・・・

揚げ物+ビール、いい文明。

 

 

その後は、わりと時間があったので二軒目に。

 

 

 

f:id:asgrsah:20171011195835j:plain

▲道中。ちょうどいい気候だったので、外で飲む人が多い。 

 

 二軒目では本当に何も中身のある話をしなかった(笑)というか、ひたすらオダリサコの魔力を目の当たりにした記憶しかない。(笑)

ひたすら楽しかったな。

いい友人に恵まれて私は幸せやで。。(雑なまとめ)

 

 

次回もロンドン散策ゥ!

 

続く。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

 足早になってしまいましたが、今回はここまで。

帰国直前にまだ5月のこと書いてるって、筆が遅すぎるってそれ一番言われてるから。

 

だんだん旅行の記憶が無くなっていってしまうから、

今後は以前より文字数を減らして、そのかわり更新ペースを上げていこうと思います。笑

 

 

★今後書きたいこと

 

旅行記

・バラナシ(単発)

・東北地方(連載)

・アーグラー、ジャイプル(全2回くらい)

アンダマン諸島(連載)

南インド~西インドらへん(連載)

 

その他

・FRROについて(単発)

・インド生活の総括(適当)

 

えっ、なんですかこれわ・・・(絶句)

年内に書き終わるんですかね・・・

というか長編が3つある時点でどうすんだこれ・・・感がエグいですけど

 

 特にアンダマン諸島については、日本語で書かれた情報が少ないので、これから旅行を検討されている方の参考になったらいいなと思っています。

 

気長にお待ち下さい(笑)

 

それでは~